1. HOME
  2.  > 
  3. 「良い家」を作るために
  4.  > 
  5. 天然無垢材と集成材の家の違い

天然無垢材と集成材の家の違い

木の家に使用される木材

ぬくもりとやすらぎを感じる木の家。
ひとくちに木の家といっても、実は使用する木材には天然無垢材と集成材の二種類あるのをご存知でしょうか。
それでは、この二種類はどのような違いや特徴があるのでしょうか。

無垢材

天然の木である無垢材は加工されたあとも呼吸しており、水分のやり取りを行います。
周りの湿度が高くなると木が湿気を吸収し取り込み、周りが乾燥すると水分を放出するのです。
そのため無垢材をたくさん使った家は結露しにくく、爽やかで快適な住環境を保ちます。
湿度を適度に保つのでカビやダニ、細菌などが発生しにくくなります。
結露しにくいため建材も腐りにくくなる上シロアリの発生も起こりにくく、住まいの耐用性をアップさせます。
無垢材は反りやねじれが起きやすいというデメリットもあるので、よく乾燥させた木を選ぶとともに、木のねじれや反りを予測できる腕と経験のある大工が建築工事を行う必要があります。

集成材

集成材は材料となっている挽き板または小角材のピース(ともにラミナという)を接着剤で貼り合わせた物です。
集成材は100年ほど前にドイツで生まれたのですが、十数年前から日本の住宅に使われるようになり、主に柱や梁として構造躯体に使用されることが多いです。
無垢材と比べると反りやねじれなどが起こりにくいため寸法の変化が少なく、手間がかからず、クレームが起きにくいとあってハウスメーカーでは主流の製品となっています。
また、集成材は色々な木材を寄せ集めて作るのですが、見た目の悪い木でも中に挟んでしまえば見えなくなるため使用することができます。
無垢材と比べて取扱いも簡単というメリットもあります。

住木の家に使用される木材

住む人を考えると無垢材がおすすめ

住む人を考えると無垢材がおすすめ 無垢材と集成材。家を建てる場合、どちらを使えば良いのでしょうか?
家のオーナー(施主)にとって集成材を使う事によるメリットはほとんどありません。
しかしながら、現在は集成材を使用した家が主流となっています。
ハウスメーカーでは大量生産が主流となっているのですが、腕のある大工は大量生産を嫌うためハウスメーカーに良い大工さんが集まらなくなっています。
集成材なら腕の良い棟梁や大工がいなくても使用できるという理由で集成材が主流となっています。
そのためハウスメーカーに建築を依頼すると木の家といっても集成材を使用した家になってしまいます。
しかし、快適さや耐用性、機能を考えた場合、多少高くても無垢材の住まいがおすすめです。
練馬区と板橋区を中心に自然素材を使用した建築しているアセットフォーではお子様やアレルギーのある方にも安心の体にやさしい住まいづくりを行っておりますので、何でもお気軽にご相談ください。