1. HOME
  2.  > 
  3. 「良い家」を作るために
  4.  > 
  5. シックハウスを防止する自然素材の家

シックハウスを防止する自然素材の家

シックハウス症候群は怖い

シックハウス症候群は、住宅環境による健康障害を総称する言葉です。
実は、症状はひとつではなく、様々な症状を引き起こします。
目の痛みやかゆみ、鼻水や鼻づまり、のどの痛みやせきといった身体に関する症状から、集中力の低下、食欲不振、めまいといった精神や体調に関する症状など、多岐にわたった症状を引き起こすのが特徴です。
また、同時に様々な症状が発症する場合も多く、原因の特定が難しい、原因の誤認が置きやすいという問題点から、シックハウス症候群であると自覚できない場合もあります。
基本的には建材や家具に含まれている化学物質が原因とされていますが、その他にもごみやほこり、環境の変化など、様々な原因が考えられ、原因の特定は難しいです。
一度シックハウス症候群に陥ると、症状がシックハウス症候群であると特定するのも原因の特定も非常に困難ですからシックハウス症候群を改善するために環境を変える必要が出てくるでしょう。
これからマイホームの建築を考えている方は、シックハウス対策として抜群の自然素材の家をおすすめします。
シックハウス症候群は怖い


シックハウス症候群を防ぐための家作り

シックハウス症候群対策の自然素材には、漆喰、無垢材などの材料があげられます。
もちろん、接着剤や断熱材といった建築に必要不可欠な材料も、安全なものを使用するよう心がけて下さい。
シックハウス症候群は、「建築物にホルムアルデヒド等の化学物質が使用されていることが原因の一因」と考えられています。
自然素材の漆喰、無垢材を使用するのは、ホルムアルデヒドなどを含んでいない建築材を使用するという目的以外にも、調湿性、吸湿性、シックハウス症候群を防ぐための家作り 放湿性に優れていますので、家の中の湿度を保ってくれる効果があります。
それによってシックハウスを防ぎやすくなるはずです。
また湿度だけでなく、空気中の有害物質も吸着してくれますので住みやすいですし、シックハウス症候群も予防することが可能でしょう。
今はシックハウス症候群の対策のために、建材に含まれている化学物質の目安として、エフフォー指標という記号が使用されています。
☆の数が多ければ多いほど、化学物質が拡散されにくい建材とされています。
しかし、現段階では「ホルムアルデヒド」「クロルピリホス」の2種類のみを指標の基準とされていますので、他の化学物質については、エフフォー指標では規制されていないのが現状です。
その他の化学物質が原因で体調を崩すことも考えられますが、自然素材ならばその可能性もほぼないとされています。
エフフォー指針を参考にしつつ、建材から接着剤、断熱材まで化学物質をなるべく含まない、自然素材の建築材料をしっかりと選ぶことが大切です。