1. HOME
  2.  > 
  3. 「良い家」を作るために
  4.  > 
  5. 省エネを実現する高断熱高気密の住宅のメリット

省エネを実現する高断熱高気密の住宅のメリット

高断熱高気密住宅で省エネ対策を

マイホームをご検討中の方の中には「高断熱高気密のシステムを導入して省エネ対策をしよう」
と思っている人もいらっしゃるでしょう。
話題の高断熱高気密住宅ですが、どの程度省エネのメリットはあるのでしょうか?
実際に導入している住宅では、家を冬の寒さや夏の暑さから遮断するため、
光熱費を大幅に抑えて、省エネにつながっています。
高断熱高気密住宅は設計事務所や施工した業者によって、省エネや光熱費の削減効果は大きく異なります。
高断熱高気密といっても工法はいろいろあり、効果も異なるため、
注文する場合は施工実績の多い工務店や建築業者に依頼することが重要です。

高断熱高気密住宅で省エネ対策を


高断熱高気密は省エネやQOLをサポート

QOL(Quality of Life)は、『生活の質』と訳され、
人間らしく、満足して生活しているかを評価する概念です。
高断熱高気密住宅にすれば1年中快適に過ごしていただけます。
真冬は床暖房がなくても、室内ならどこでも素足で居られます。
また真夏は熱がこもりやすい屋根裏のロフトでも快眠でき、一年中快適に過ごせるのが特徴です。
トイレや洗面所、浴室など空調機のない部屋でもリビングやお部屋との温度差があまりなく、
より快適な暮らしを提供してくれます。
また、高齢者に多いヒートショックのリスクを軽減するなど健康効果も期待できます。

高断熱高気密は省エネやQOLをサポート


建築コストと比較して検討を!

このように家中どこにいても快適な高断熱高気密の住宅は省エネが期待できます。
しかし、高断熱高気密の住宅を注文すれば、丁寧な施工が必要となります。
また、建築資材も高機能の物を使用するため、坪単価にして10~20万円以上建築コストがアップすると予測されます。
家が広くなると予算も高額になるため、一般的な戸建住宅と比べると建築費用は高額となります。
しかし、お金をかけてでも、部屋の間取り、設備などにイメージ通りの住宅にしたいという人、
毎日の暮らしをより快適にしたい!健康に過ごしたい。
という人には高断熱高気密住宅はおすすめです。

建築コストと比較して検討を!