1. HOME
  2.  > 
  3. 「良い家」を作るために
  4.  > 
  5. 地震や台風にも強いFP工法の高断熱高気密住宅

地震や台風にも強いFP工法の高断熱高気密住宅

FP工法が地震や台風に強いワケ

FP工法が地震や台風に強いワケ
FP工法の「FP」とは「Frame(フレーム)」と「Panel(パネル)」の意味で、家の骨組みとなる枠に硬質ウレタンを注入して作られた「FP断熱パネル」に、日本の在来工法やツーバイフォー工法を組み合わせたものです。
一般的な木造の軸組工法の家の壁面は、柱・間柱・筋かい・断熱材・外装材・その他面材などで構成されています。
しかしFP工法の家は、断熱性・気密性の高い硬質ウレタンでできた断熱パネルであるFP断熱パネルを柱と柱の間に組み込んでいるため構造部分と一体化しています。
そのため、一般の工法の住宅より高い剛性を備えており、外からの強い力がかかっても変形しにくくなっています。
このFP軸組工法に使われる筋かい付パネルは、その強度が認められ、国土交通省の大臣認定を取得しています。
実際に一般的な軸組工法とFP工法の住宅で比較してみると、軸組工法の強度を表す壁倍率は2.0であるのに対し、FP軸組工法の壁倍率は3.4となっており、なんと1.7倍もの強度があることが分かっています。
このように高い強度を誇るため、FP工法の住いは地震や台風にも強い、安心住宅といえます。これが、FP工法の一つ目の特徴です。


高断熱高気密住宅であるFP工法のメリット

高断熱高気密住宅であるFP工法のメリット
FP工法のニつ目の特徴は、高断熱高気密性です。FP工法の住まいは、冬は暖かく、夏涼しいため冷暖房費が節約できます。また、家の中の温度差がなくなるため、冬場に起こりやすいヒートショックや脳卒中などの発症が軽減され、高齢者はもちろん家族全員の健康にもつながります。
三つ目の特徴は、遮音性の高さです。気密性の高さから、遮音性に非常に優れており、お子様やペットがいるご家庭でも周辺に気を遣うことなく快適に生活していただけます。
四つ目の特徴は、空気の綺麗さです。FP工法の住まいは気密性が高く隙間風等の影響が少ないため、家の大きさや家族構成を考慮した、最適な空気の流れを計画的に作り出すことが出来ます。このため、結露も起こしにくくなり、カビの発生を抑え、住まいの耐久性を高めることができます。
また、カビが生えにくくなるとダニの発生も抑えられ、ハウスダストなどアレルギー反応を起こしにくくなります。