1. HOME
  2.  > 
  3. 「良い家」を作るために
  4.  > 
  5. 高断熱高気密の住宅建築ではデメリットへの対策がカギ

高断熱高気密の住宅建築ではデメリットへの対策がカギ

高断熱高気密の家はメリットだけではない

高断熱高気密の家はメリットだけではない
高断熱高気密住宅(以下、高高住宅)の建築は日本全国に広まり、その良さが伝えられています。
この言葉が始まったのは日本でも寒い地域である北海道からですが、
関東や関西地方にも冬は暖かく夏は涼しいといった謳い文句で拡散していきました。
すっかり定着した感のある高高住宅ですが、それを否定する人々がいない訳ではありません。
例えばこんな事を云う人がいます。
高高住宅のデメリットとなる最大の部分は、風通しが悪く窓が小さいという点です。
気密性を高めるために家の隙間を極力なくした結果、確かにエアコン効率は良くなりますが、逆に言えばエアコンがなければ生活で
きない家になるとも言えます。
夏場は湿度も閉じ込めてしまうような状態ですから、エアコンにカビが生えてしまいそれで健康を害する恐れもあるでしょう。
また、いくら性能の良い窓を使っても高性能断熱材を使った壁の方が圧倒的に断熱できるため、必然的に窓は小さくなります。
北海道のように厳しい寒さが長く続くような地域なら良いですが、関東以下の夏場の暑くてじめじめするような地域にとって、
高高住宅の建築は手放しで良いとは言い難いのです。


デメリットを解消する方法

デメリットを解消する方法
この話、間違っている訳ではありません。高高住宅にだって、ピンからキリがあります。
要するにそれを否定する為に、わざわざキリ(残念な高高住宅)の話をしている訳です。
高高住宅は、高断熱高気密という建築的手法を活用した住宅の事です。
快適性や高い省エネ性を求めるのであれば、これを基本に『蓄熱・採風・日射取得・日射遮蔽』等の工夫をするのは当然の事です。
こうした立地条件に合わせた工夫が出来ていない『残念な高高住宅』を引き合いに出し、
だから中断熱中気密が良いとか高断熱だけでいいなんて明らかな認識間違いです。
大切な事は、『健康・快適で省エネ性が高い高高住宅』をつくる事が出来る工務店を見極める事に尽きます。
躯体の耐久性や長期に渡る耐震性ばかりでなく、そこに住む人間の健康を害する事も理解できずに『高断熱高気密でない住宅』をつくる工務店・ハウスメーカーや間違った有識者の言う事なんか、聞く必要ありません。
高断熱高気密住宅のデメリットではなく、残念な高断熱高気密住宅のデメリットという話でした。