1. HOME
  2.  > 
  3. 「良い家」を作るために
  4.  > 
  5. オープンキッチンの成功の秘訣はデメリットを知ることから

オープンキッチンの成功の秘訣はデメリットを知ることから

オープンキッチンのデメリットとは?

オープンキッチンのデメリットとは?
キッチンはオシャレにしたいし、後ろを向いて料理をしたり洗い物をしたりするのでは疎外感があります。
そんなことからも、新しい家はオープンキッチンにしたいという人は多いでしょう。
しかし、どんなものにもメリットとデメリットはあります。
オープンキッチンのデメリットを知ることこそ、憧れのオープンキッチンを成功させる秘訣ではないのでしょうか?
オープンキッチンのデメリットとして一番に挙げられるのは「ニオイ」です。
オープンキッチンは、ダイニングやリビング全体にニオイが広がってしまいます。
それと共に煙や油はねの心配もあるでしょう。
魚を焼いたら、煙とニオイが部屋中に充満してしまって、ニオイが取れるのに時間がかかったということも少なくありません。
また、開放感を優先させるオープンキッチンは、必然的に収納スペースがなくなるので、食器や調理器具などを収納する場所を別に考えなくてはいけません。
オープンキッチンのフラットタイプは、常にきれいに片付けていないと生活感が丸見えになってしまうという点もデメリットといえます。


デメリットを知った上で、理想的なオープンキッチンにする

デメリットを知った上で、理想的なオープンキッチンにする
オープンキッチンの一番のデメリットとして挙げられるニオイや煙の問題ですが、
当社の場合は24時間換気が計画的に稼働している為、ニオイや煙が残りにくくなっております。
また、リビングダイニングの内装に、ニオイの吸着性のあるタイルや漆喰を使う事でより改善されるでしょう。
油はねはIHにしたり、透明の壁を作ったりすることで対応できます。
収納は別にパントリーを設けたり、見せる収納というように工夫してもいいかもしれません。
生活感が丸見えになってしまうのではないかという問題に関しては、オープンキッチンにも様々な種類があるので、生活環境や家族構成によって使いやすいタイプのオープンキッチンを選ぶと良いでしょう。
フルオープンでなくても、対面式キッチンの上の吊り戸を無くしたタイプであれば、シンク周りは隠すことができるので生活感が丸見えではなくなり、開放感は出るのでおススメです。