健康維持増進住宅

ヒートショックを予防できる住宅の温熱環境について

住宅の高断熱化が遅れていた日本でも、結露やヒートショックなどによる健康への悪影響が広く知られるようになりました。快適な居住環境で健康な暮らしをめざす、「健康維持増進住宅」の研究も進んでいます。


断熱住宅と健康の関係について、いくつかのポイントを簡単にご紹介します。

上図を見ると、男女とも寒い地域ほど死亡率が高い事に気がつくと思われます。漬物や味噌汁等の塩分を採り過ぎた事が原因と言われた時期もありました。しかしこの説は、「世界でもっとも塩分摂取量が多い日本が長寿世界一」という現状を考えると 必ずしも正解ではないようです。また、北海道の死亡率がそれほど高くないのも不思議だと思いませんか?

答えは住宅の温熱環境にあります。
急激な室内温度の変化(ヒートショック)が脳血管疾患の直接的な発症原因である事が 近年わかってきました。(高齢者ほど低温による血圧上昇が大きくなります。)早い時期から高断熱化が進められ、冬季でも無暖房のトイレ・洗面・浴室等を含めた 住宅全体の室温が高く温度差の無い北海道では、すでにヒートショックを予防できる温熱環境 を実現出来ていたのです。

右図は、英国保健省の報告を簡単にまとめたものです。(月刊ソコトコ12月号別冊付録より抜粋)
室温18℃を許容温度とし、16℃未満で呼吸器疾患、12~9℃で心臓血管疾患、5℃で低体温症 を起こす危険があると、はっきり謳っています。(推奨温度は21℃だそうです。)

この報告によれば、居室はもちろんトイレ・洗面・浴室等も室温18℃以上を確保しない限り、健康は維持できないようです。
あなたの家はいかがですか?厚着をしたり、ストーブに当たったり、布団をかぶっても解決できません。
なぜなら、冷たい空気は肺の中に入り込み呼吸器などにダメージを与えるからです。
それでは、室温18℃以上を確保する事の出来る住宅とはどんな住宅なんでしょうか?

上図は同じ住宅モデルを使い、①~④の断熱性能による無暖房の1階トイレの温度 を表したものです。
④は等級2相当 ③は等級3相当 ②は等級4相当 ①は等級4相当+αを表します。
(①は等級4とFPの家の中間位のイメージでしょうか?)
ヒートショックの危険温度を10℃とすると(イギリスに叱られそうですが・・・)
①②はなんとかクリア。③④は残念ながらアウトです。
等級4の住宅も暖房を行う事で初めて健康被害から身を守る事が出来るようです。

断熱等級と疾患改善率の比較

上図は等級3相当の家から等級4・5相当の家に住み替えた方々の健康改善率を表したものです。
等級3相当の家から等級4相当の家に住み替えた場合を見ると概ね10%程度の改善率になります。
現在建っている住宅の90%は、等級3以下という報告もあがっていますので、古くなった家を建て直した場合がこれに当ります。
等級5相当の家はQ値1.9程度ですからFPの家と考えて構わないと思います。
4から5に住み替えた方々の改善率は10~20%程度になっています。

上図は疾病ごとの改善率を表したものです。
室温と無関係に思われるアトピー性皮膚炎や糖尿病 改善率が高いのにも驚かされます。これは室温が高い環境が持続する事で有害な化学物質が排除されたり、壁体内結露が減る事でカビの発生が抑えられた為と考えられます。また室内温度が10℃上がると1400歩分の運動効果が高まる為、糖尿病の改善に関係しているのかもしれません。その為にも、高断熱化と共に高気密化および信頼のおける換気装置を選択する事は言うまでもありません。

これからの住宅高断熱化は病気を防ぐため

これまでの住宅の高断熱化は省エネ性と根性論で議論されてきました。 高断熱化にかかった費用を削減できる光熱費だけで判断すると、その回収には長い年月が必要となります。「我慢あるのみ!」と言う方々が大勢いるのもうなずけます。
上図は、住宅の高断熱化で減少した疾病による医療費と休業損失の便益をまとめたものです。
中所得世帯の場合、年間2.7万円程度の便益となります。(少ないとお感じでしょうか?)
もし全ての住宅を高断熱化できたら、病気と共に長生きし最後は病院でコロリ(ネンネンコロリ)から元気で長生き最後は家でコロリ(ピンピンコロリ)の長寿国ニッポンに変わる事でしょう。
そうなれば、健康保険・介護保険の公的負担や生命保険の負担便益も加わり、高断熱化にかかった費用の 回収はますます短期間になりそうです。

上図を見てください。
(EBとはエネルギー消費の削減による経済的メリット、NEBとはそれ以外のメリットを加えたものをいいます。)
従来だと28年かかっていた回収期間が、疾病予防等のメリットを考慮すると16年に短縮され、さらに社会的なメリットを考慮すると11年に短縮されると試算されています。
『高断熱住宅=健康住宅』『我慢の住宅=公益の損失』(言い過ぎでしょうか?)
ほんの一部しか、ご紹介できませんでした。ご理解いただけたでしょうか?
建築物の『建』の字を『健』にする活動。皆様もソロソロ始めてみませんか!

EXCEL SHANON 家を建てる前に読む本「改正住宅省エネルギー基準」解説と手引き/奈良憲道 編 より一部抜粋

健康維持増進住宅委員会「国土交通省」HP

一般財団法人健康・省エネ住宅を推進する国民会議HP