T邸(練馬区北町)20坪の狭小地に建つ4LDK

収納充実。一切無駄なく、家中隅々まで有効利用した住まい

平成27年5月引渡
土地/21.04坪 
延床/28.86坪
3階建て 4人家族 オール電化住宅
低炭素認定住宅

 

 

Gallery

  • 2階LDK。窓の位置が高いので、前の家より明るくなった!と好評です。階段を上がるとすぐにLDKが。家中同じ温度設定なので扉は要りません。FPの家ならではの間取りです。

  • レンガ調・よろい調・タイル調の3種類の外壁を使用。窓まわりにつけた飾り枠がアクセントに

  • ダイニング壁に設けた飾り棚。レンガ調のクロスにアイアンの棚受けが映えますね。

  • キッチンの腰壁を利用したマガジンラック

  • キッチンはLIXILのアレスタ。光沢のある木目調の扉で、明るいキッチンに。

  • 玄関横に設けた5段ニッチ。自転車の鍵やハンコなど置いておくのに便利です。

  • 階段と玄関ホールの間に設けたオープン棚。狭い空間に開放感が生まれます。

  • パソコンデスクも造り付けて。床の上がすっきりするので、お掃除も楽々。

  • 家全体で廊下の面積は5㎡もありません。2階の通路部分は物干しスペースとして使えます。

  • 階段途中に設けた収納。本来ならデッドスペースになる部分ですが、隅々まで使っています。

  • 玄関廻りのタイル調サイディング。

  • 壁一面の本棚。背面のクロスをペンキを塗った木目調に。

  • 玄関から繋がるシューズクローゼット

  • 壁の厚みを利用した本棚。

  •  

  • こちらの部屋にも本棚。使えるところは隅々まで使ってます。

  • 階段途中に設けた4マスのニッチ。余ったクロスをはめ込めば、何も飾らなくてもかわいらしくなりました。

  • 壁の一面のみ落ち着きのあるグリーンの壁紙に。 サッシと照明をシンメトリに配置

  • モカロンタイル調の床に、天井はイエロー。 奥の棚にはトイレットペーパーなど収納できます。

お客様の声

「家事がスムーズにこなせて、すっきり広々と暮らせる家づくりがしたいと相談したら、女性建築士の担当者が親身になっていろいろなアイデアを提案してくださいました。おかげでLDKは20坪の敷地とは思えない開放感です。デッドスペースになりがちな母屋下がりを利用した収納など、空間をくまなく活用して適材適所に収納を設けてもらえたので、片付けもしやすくて大助かり。また、キッチン側面のマガジンラックやダイニング壁の飾り棚、階段壁のスリット棚など、私の好きな北欧テイストにマッチしたお洒落な無垢材の造作も気に入っています。グリーンや季節の小物を飾って毎日の暮らしを彩る楽しみが生まれました」とT夫人。また、Tさんも「20坪の狭小地ですが、収納たっぷりの4LDKができました」と満足気に話をしてくれました。